1棟からスタートさせたアパート経営の方法と利益を高める方法

本来であれば鉄筋コンクリートの大型物件を購入したい

アパート経営 | 【東急リバブル】アパート経営

本来であれば鉄筋コンクリートの大型物件を購入したいのですが、多額のローンを組むことに大きな不安を抱いていることで、高くても3,000万円以内で販売されている中古アパートを探してきました。
その結果、最初の投資から10年も経過せずに、現在では4棟のアパート経営を行っており、全ての物件においては過去に勤務していた不動産管理会社に管理を任せているので非常に安定しています。
多少の修理や修繕が必要とされた部分に関しては、不動産管理会社側で無料で作業を行ってもらっているので以前の職務経歴を生かすことにも成功しています。
実際に不動産管理会社とは友好的なパートナーとして仕事をしてもらい、良い物件があれば随時報告してもらえるようになったので、有利な投資を成功させていることは事実です。
ここでアパート経営を行う上で最もお金が掛かってしまうことはあり、やはりリフォームの問題と給湯器や水回りの設備機器の老朽化の問題です。
リフォームを行うことで売り上げとなる家賃額が実質上目減りしてしまうので、この問題をクリアするためには自分でできる範囲であればDIY作業にてリフォームを行うようになりました。
最初は素人でもDIY作業を行っていると、それなりに知識と技術は見に付くもので、私の場合は本来であればアパート経営のオーナーとして放置しているものの、経費削減に向けて丸鋸、ジグソー、インパクトドライバー、グラインダーなど様々な電動工具を購入しており、リフォームの際には非常に役立っています。

アパート経営に興味を抱くことになりました本来であれば鉄筋コンクリートの大型物件を購入したい専門会社に任せるよりもDIYの場合は経費が3分の1以下で済ませられる